ろきくんわーるど

フォロワーさん!ブログですよ!ブログ!

ブームが過ぎつつあるスプラトゥーンのS+

この記事はスプラトゥーン Advent Calendar 2015 - Adventarの11日目のあれです。

このスプラトゥーンというゲームは基本的に、ウデマエを上げるだけならそこまで難しくないと思うので、細かいことは省略します。
現状ただのウデマエS+である上に、いまの環境でカンストをしてもそこまで誇れないと思うのでアドバイス記事みたいのは要望が来たらにしようと思います。


roamer7038.hatenablog.com


今回はそう、カンストしても誇れなくなってしまった、S+やカンストが普通みたいな雰囲気になってしまってることを嘆く記事です。




10月の大型アップデート


10月の大型アップデートは、いわゆる

  • 強ブキの弱体化
  • マイナーブキの強化
  • ウデマエ緩和

の3つが主な修正点です。
詳細は『Splatoon(スプラトゥーン)』更新データ(Ver.2.2.0)の詳細内容をどうぞ。


強ブキの弱体化により、わたしのメインウェポンたちは全て影響を受けました。
当時、わたしが使っていたのは「ホットブラスターカスタム」「ダイナモローラー」「.96ガロンデコ」の3つを主に使い、その中でもホットブラスターカスタム(ホッカス)の使用率が一番でした(さらにノヴァブラスターネオの登場によりホッカスは絶対的にも相対的にも弱くなったのは別の話)。


しかし、強ブキの弱体化はそこまで関係ありませんでした。他の強ブキも弱体化しているので相対的にはそこまで変わらなかったように感じました。
むしろマイナーブキが強化されたことで、ブキの使用率の幅が広がったように思えます。またスプラシューターコラボ、スプラローラーコラボだらけだったのが、コラボじゃない選択肢が出てきてよかったのではないでしょうか。


ローラーはちょっとエイムが必要になっただけです。ブラスターも直撃を当てればいいだけです。ダイナモローラーは今までが強すぎた。リッターはクイックボム取り上げろ。


問題はウデマエ緩和と発売からの時間経過、他の新作ゲームの発売にあったと思います。


相対的に強く感じるわたし


大型アプデ前、S50ぐらいから1時間半ほどでS+に昇格したあのとき、それはもう圧倒的だったでしょう。
そのときは確かガチエリアのハコフグ/Bバスパークだったと記憶しています。
ダイナモゲーですね、わたしの勝ちです。


あのときのわたしはウデマエS帯において絶対的に強かったでしょう。殆ど負けなしの直線S+昇格コースです。
ウデマエS+になる実力だったのでしょう。タッグマッチで立ち回りを鍛えたり、勝つための理論を立てた甲斐がありました。




しかしS+部屋ではどうでしょう。今までの相手とは次元が違います。実力が違います。エイム力も立ち回りもS帯のそれとは雲泥の差がありました。
自分の実力不足を感じ、S帯の友だちとタッグマッチをする遊戯に逃げました。一時休息です。その後、メインのホットブラスターも取り上げられましたし。


それからしばらくし、気づくとスプラトゥーンをする頻度が減っていました。


学祭!!なんか風邪で寝込む!!!サークル活動!!!!艦これイベント!!!!!


しばらく放置している間にTLの人たちが何人か、いつのまにかカンストしていました。
あ~、そろそろわたしもカンストさせないとなあってなるわけです。

久々のS+部屋!あれ?なんか無双するな...。と、自分の立ち回りやエイム力などに不満があるにも関わらず勝ててしまう。

どうやら気づいた時には、カンストをするような上手い人たちは飽きるか、新作ゲーム(ちょうどMHXがブームですね)に移り、ウデマエ緩和したことで増えたS+下位組は以前のS帯で会ったような人たちのようでした。

わたしが強くなったのではなく、周りが弱くなっていたのです。



カンスト勢の戯れ言ですが、まさにそうだと感じてしまいました。


悲しいなあ


アプデのウデマエ緩和はS+カンスト到達にも大きな影響を与えています。
S+40以降は勝って+2、負けて-8(S+40〜79は-6)だったのが、アプデ後は勝って+2(S+40〜79は+3)、負けて-5となりました。


現在12月、発売から約6ヶ月ほど。ゲームの世界を塗り替えた、スプラトゥーンはそろそろインクが乾いてしまいそうです。

とりあえずカンストさせるかなあ。



あ、あとタッグマッチのお誘いはいつでもどうぞ!テキトーにTwitterで声かけてくださいな。

長文になりましたが、ここまで読んでくださった方、そうでもない方、ありがとうございました。